お知らせ

本年度の重点目標は
勇気と優しさとわたし
  ~みんなが幸せになる学校~
 
オンラインユーザー47人
ログインユーザー0人
あなたは1373392人目です

お問い合わせ

牧之原市菊川市
学校組合立牧之原小学校
〒421−0501
牧之原市東萩間2082−13
TEL 0548−27−2314
FAX 0548−27−3575
 

携帯・スマホ QRコード

携帯電話、スマートフォンでもホーム
ページをごらんいただけます。
下のQRコードからどうぞ。

 

日誌

PTA文化部
12345
2022/11/30

2年生 町探検に行く!!

| by:牧之原小PTA文化部2
10月に行く予定だった町探検。雨で中止になってしまい11月に行きました絵文字:笑顔今回は歩くと汗ばむくらいの晴天になりました。
2年生になって久しぶりの校外授業です。今回の町探検はいつも何気なく住んでいる所に何のお店があるのか?を調べる探検です。歩いていると子供たちの会話がとても面白くこっちまで楽しくなってしましました。
『いつもおれここ歩いて学校に行ってる』『あと何分後に出発するよ』とか
疲れたって言葉もなく目的地に突き進んでいました。
この待ち探検にはA~Dコースまであります。
Aコースは丸尾原方面。婦人の家まで行ってこの場所の使い方やどんなことをするのか聞きました。

Bコースはふくろ茶屋方面。ふくろ茶屋で話を聞き試食させてもらいました。乗馬クラブでは馬にも餌をあげられたようです。

Cコースは中嶋自然薯さん方面。自然薯がどうやってつくられるのか?などの話を聞きました。いもきりぼしあっくんではきりぼしの試食をさせてもらいました。すっごくおいしかったと教えてくれました。

Dコースは荒畑園さん方面。荒畑園さんでは、お茶が出来るまでの話や機械の話をしてくれました。

それぞれのコースでいろいろ調べたり見たりしてきたので12月の探検はお店を見学したり話を聞いたりもしかしたら試食もできたりするのかもしれません絵文字:笑顔
一緒に短時間ですが子供たちと歩けたこと、何より子供たちの笑顔が久しぶりに見られたことがとても楽しくうれしかったです。

15:13 | 投票する | 投票数(1)
2022/11/15

2022年10月 運動会

| by:牧之原小PTA文化部5

2022年☆牧小運動会!!
10月15日(土)
とっても天気が良い青空と暑い日差し、
子どもたちの熱い声援で赤組白組みんなが気合十分!!
子供たちの今までの練習の成果を発揮し、最後まで諦めない気持ちと共に先生方をはじめ保護者も学年関係なく応援。最後までとても気持ちの良い運動会ができました。
高学年が見せてくれた「協力平」!!


みんなの団結力は迫力があり感動しました。
1人1人全身を使って大きく表現し、とてもカッコよかったです!!

長縄でもみんなが声を掛け合い、制限時間がある中で何度も躓くこともありながらも精一杯時間になるまで諦めない気持ちに近くで写真を撮らせてもらいましたがとても感動したことを覚えています。

低学年のみんなも高学年の生徒をお手本に一生懸命になってる姿にがとても可愛らしくまだ小さい身体でもとても輝いていました。

子供たちの頑張り、良い運動会にしたいという思いがとても伝わってきて1人1人が主役になれた運動会でした。



10:03 | 投票する | 投票数(7)
2022/11/09

運動会!

| by:牧之原小PTA文化部6
10月15日、牧小運動会が無事開催されました!
数日前に続いた冷え込みが嘘のよう、当日は夏のような日差しに観客席ではたくさんの日傘での応援が見えました。

運動会は子供たちはもちろん保護者そして先生たちも気合十分です!

赤でも白でもない6年生担任の塚本先生はピンクの短パンで運動会に臨みます。
私たちPTA文化部も子供たちの輝いている瞬間を写真におさめそうと奮闘しましたが、
それ以上に教頭先生の素晴らしいカメラワークに圧倒されました!
そして昨年度まで牧小を一緒に盛り上げてくれた村上格先生や富田先生も応援に来てくれました。


そして、子供たちももちろん応援も競技も元気いっぱいです。
高学年の競技は力強さや団結力、低学年の競技はのびのびした可愛らしさが、それぞれに子供たちの成長を感じさせてくれました。



特に牧小自慢の協力平は、今年もとても素晴らしかったです。
やわらかな波の動きと力強い漁師の動きは、子供たちの練習の成果です。

コロナの影響での午前中のみの開催でしたが、凝縮された熱量の高い運動会でした!

11月に入り少し涼しくなったこともあり、疲れが出たお子さんもいるかと思います。
子どもたちはそれぐらい運動会を頑張ったのだと思います。

またあらためて、お子さんをぎゅっとしてあげて下さい(^O^)
13:50 | 投票する | 投票数(6)
2022/09/26

リコーダー教室

| by:牧之原小PTA文化部3
9月22日、3年生の音楽の授業にリコーダー奏者の海野文葉先生を講師としてお迎えし、リコーダー教室が行われました。今までも授業で練習をしてきた子供たちですが、改めてリコーダーについて深く学ぶことができました。

リコーダーは鳥の鳴き声を模して作られた木管楽器で、昔は木で作られていたそうです。今回海野先生が持ってきてくださったリコーダーは全部で6種類。いちばん小さいものは
「クライネソプラニーノリコーダー」というもので、大人の手のひらに収まる小ささで、とても高い音が出るリコーダーです。いちばん大きなものは「バスリコーダー」というもので、みんなが持っているソプラノリコーダーの約3倍(1メートルくらい)のサイズで、低い音が出るリコーダーです。

上手にリコーダーを吹く4つのコツを教えていただきました。
①息・・・吹く息の強さが大事。細く長い息で吹く練習をしました。
②指・・・リコーダーの穴をきれいに塞ぐこと。リコーダーの穴に指で蓋をする練習をしました。


10:10 | 投票する | 投票数(12)
2022/07/22

薬学講座(6年生)

| by:牧之原小PTA文化部4
7月19日薬剤師の三浦先生を講師としてお迎えし、薬学を学びました。
薬の正しい飲み方、薬を水で飲む理由等、薬に関する色々な話を聞くことができました。
中でも、薬を多めの水で飲まなければいけない理由を、実際に錠剤を使って体験しました。
指に水をつけて錠剤に触れると指にくっついて取れなくなりました。
子どもたちからは「胃まで送るために沢山水を飲まなくちゃいけないんだね」と
納得の声が上がってました。


次にお酒とたばこについてお話を聞きました。
お酒を飲んでる人、たばこを吸ってる人の肝臓・肺の画像が出ると
ほとんどの子が「見たことある」と呟いていました。
じゃあたばこを一本吸うとどうなるか?三浦先生が
片方の肺だけにたばこの煙が行く仕組みになっている実験映像を流してくれました。
すると片方の肺がどんどん茶色く変色していき「え?一本でこんなに!?」
09:03 | 投票する | 投票数(4)
2022/05/31

交通安全教室がありました

| by:牧之原小PTA文化部6
5月30日晴れたお天気の中、交通安全教室がありました。
4年生は自転車を引いて登校したお子さんも多かったと思います。

校庭には横断歩道や信号機・停車中の車も用意されて、練習用の交差点ができています。
牧之原警察署の交通安全指導員の方々が、自転車でのこぎだし方から説明してくれました。

自転車では、左足を地面に着いて、右足でペダルの位置を調整するそうです。
車は右後方から来るので、右足を地面に着いていると、足を曳かれてしまうからだそうです。
万が一、転んだ時も左足を着くようにしていれば、車道に倒れません。
あらためて「なるほど!」とためになりました。



交差点を渡る練習のときは、こぎながら右後方と左右の確認をする難しいテクニックも練習しました。
自転車に不慣れなお友達が挑戦するときには「がんばれ~!」とお友達が応援する場面もありました。

そして最後に全員が自転車の免許を頂きました。
交通安全教室で練習したことを復習して、安全で楽しく自転車に乗ってほしいです。



17:23 | 投票する | 投票数(6)
2022/05/19

令和4年度がはじまりました

| by:牧之原小PTA文化部6
5月も後半です。
小学校生活も一年生も慣れてきたでしょうか?

一年生はペアさんの六年生とだるまさんがころんだをしたり、
繋がりも確実に深まってきたと思います。

そして、牧之原小学校のステキなイベント お茶摘みがありました。
慣れた高学年では、自分で長袖長ズボンの用意をしたお子さんも多いと思います。
出来上がりのお茶が楽しみですね!


今月30日には、交通安全教室も予定されています。
4年生では自転車デビューにワクワクしてる子も慎重派も、交通ルールや自転車の乗り方を深めて自転車の安全で楽しい一日目にしてほしいです。

10:25 | 投票する | 投票数(6)
2022/02/27

一年を振り返って

| by:牧之原小PTA文化部4
 今回はコロナ対策のまん延防止措置の為、学校になかなか行けない為、子供達の様子を保護者の方に簡単に聞いてみました。

 今年もコロナの為、中止になってしまった行事や我慢しなければいけない事が多く子供達にとって辛かった事が多かった様です。

 そして今年度は学校を休まなければいけない事も出てくる中、家でオンライン授業をやる子も増えていたと聞きました。実際、画面越しでの授業は大変そうでしたが、友達の顔が見れるのは嬉しそうでもありました。でもやっぱり、学校での授業がやりたいと子供は言っていました。やっぱり学校で友達と授業をするのが一番ですよね。
他にもコンサートが中止になった事は悲しかったみたいです。練習をたくさんしてきたのに発表出来ないのは悔しいと思います。
 きっと他にも計画していたイベントがたくさんあったと思います。楽しみにしていた事がなくなるのは子供にとっては悲しいと思います。

 しかしそんなコロナ禍の中でも出来た行事もたくさんあったみたいで...

 5年生は観音山、6年生は一大イベントの修学旅行で鹿児島に無事行けました。修学旅行まで行けなかったらと考えると悲しいけど今年も無事行けたと聞いて良かったな〜と思いました。きっと学校生活最後の思い出もたくさん出来たことと思います。
他にも、運動会、プール、茶摘み、校外学習、ドッジボールが出来て楽しかったなど楽しかった事はたくさんあったみたいです。こんなコロナ禍でもみんなで体験できた事もたくさんあったみたいで少し安心しました。


 まだまだこの生活が続くと思いますが、子供達がこれからも楽しく安全に学校生活が送れるように牧小みんなでコロナ感染対策もしていきたいですね。
12:37 | 投票する | 投票数(8)
2022/02/06

コロナ禍の学校生活

| by:牧之原小PTA文化部5

新型コロナウイルス対応の蔓まん延防止等重点措置が適応される少し前の1月初旬ごろ、私たち保護者が見る機会が少ない給食~昼休み~掃除の時間を取材してきました。

 

    給食:4時間目が終わるとすぐに給食の時間の始まりです。

 給食係の子供たちは、さっそうと廊下にある配膳台を教室内に移動させ、配膳台   の上を消毒し、給食バッドを定位置に並べます。その間、クラスの他の子供たちは手指消毒をし、各自机の上の消毒をしてナプキンの用意をします。机の向きは全員前向きで、席も一定の間隔で並んでいます。

みんなのナプキンの用意ができると、もう白衣を着た給食係さんは給食を分けています。

小バッドの配膳係は、副菜を生徒数分に均等にするという少し難しそうな係ですが、上手に分けていて感心しました。ここまで、どこの教室もかなりスムーズに進んでいましたが、断トツで6年生が早かったです!さすがですね。

 

 日直のいただきます!の号令で食事の始まりです。

今日の給食のメニューは、子供達の好きなメニューのハンバーグです!

おいしい給食をみんなおしゃべりもせずに、黙々と食べるのを見ていると少し寂しい気持ちになります。でも、食事中まったく無音ということはなく、スピーカーから放送委員さんによる放送が流れます。取材の日は、41組の担任の難波先生が明日から産休に入るお知らせがありました。校長先生が話をした後に、難波先生が話をし、それを耳にしながら食事をする子供たち、特に41組は少ししんみりとしていました。

放送が終わり、給食を食べ終わった子から食器の片づけをして、日直のごちそうさまでした!の号令で給食の時間は終わりです。

 

 片づけられた給食ワゴンの横に、給食センターの方に向けて、各学年の日直さんからメッセージが張られていました。今日の給食の感想がかわいらしい字で書いてあり、微笑ましいやり取りにホッとしました。

 

    昼休み:チャイムが鳴り始めると、ほとんどの子が外へ駆け出します。

 みんな好きな遊びをそれぞれの場所でしていました。

広い校庭いっぱい使ってサッカーをする子、めぐみの森で遊んでいる子やフラフープをする子、保健室の前のコンクリートに大きな絵を描いている子、教室でピアノを弾く子や教室内で宝探しをする子たち、どの子も自由で楽しい昼休みを過ごしていました。

給食とは打って変わって、とっても楽しそうな子供たちの声を聞くことができ、集団生活の中の良さを感じました。

 

    掃除:昼休みの終了チャイムがなると、みんな担当の掃除場所に向かいます。

 基本、先生方は見ていない個所を子供達だけで掃除します。みんなどの子もしっかり掃除をしていました。トイレ掃除や水道の掃除、この時期につらい場所も黙々と掃除しています。

毎日の掃除で、みんなが使っている場所や物をきれいにし、みんなで気持ちよく使うことができるのですね。私は初めて見ましたが、感心させられることばかりでした。

 

 新型コロナウイルス感染防止を日常に取り入れた「新しい生活様式」…子供たちにとって窮屈な点がいくつかありましたが、努力して上手にコロナと付き合っている子供たちを見て頼もしく感じました。また、先生方には、制限のある中でも子供たちが学校生活が楽しく送れるように、子供たちのコロナ感染防止にも努めていただきいつもありがとうございます。







15:51 | 投票する | 投票数(10)
2021/12/17

修学旅行

| by:牧之原小PTA文化部6
いいお天気に恵まれた朝、6年生は修学旅行で鹿児島に向かって出発しました。
コロナはもちろん鹿児島のトカラ列島での地震のニュースもあり、本当に行けるのかひそかに心配していたので、無事みんなで空港前に集合した姿を見てほっとしました。
出発式では、鹿児島のもう一つの牧之原小学校との交流を楽しみにしているという生徒が多くいました。この旅行の大きな目玉です。
15名と付き添いの先生3人、添乗員さんで出発です。 
一人いっしょに行けなかった仲間は、見送りに来てくれて手作りの“ぶじ蛙”のお守りをくれたそうです。
心は16名で出発ですね。
FDAの最新機ピンクの飛行機の出発は少し遅れたようですが、爆音をきいて外に飛び出して、高いところを飛んでいく飛行機に手を振ったというお母さんもいました。
夜になると学校からメールで無事ホテルについた旨連絡がありました。 
学校のHPにも子供たちが記事をあげてくれました。煙が立ち上っているいる桜島の写真も。たった2泊なのになんだかさみしく、様子を知れて笑顔になりました。
修学旅行中の様子は、6年生の部屋に子供たち自身がたくさん記事を上げてくれたので是非ご覧になってください。

2日後にまた空港にお迎えに行きました。 
滑走路の向こうに雪をかぶった富士山がくっきり見えて、まさに富士山静岡空港です。 
兄弟もたくさんお迎えに来ていて(中学生は三者面談期間で早い下校だったそうです)、みんなが見守る中、今度は緑色の飛行機が富士山の前に滑り込んできました。 
無事帰ってきました。

子供達は、飛行機からターミナルへの通路に出た途端、窓越しにお迎えの列に向かってみんな手を振ってくれました。 
おそろいの帽子をかぶっている子が何人もいる…?? 
荷物を受け取って出てくる出口には、学校から来てくださった先生方とお迎えの家族が並んで出待ちです。
誰か有名人が出てくるのかと思うほどでした。
みんな両手にいっぱいお土産の入った荷物をもって元気に帰ってきました。
おそろいの帽子は、牧之原和牛少年隊 と書いてあり、和牛の見学をしたときにいただいたそうです。たくさん和牛を食べたそうで羨ましい!
たくさん楽しい経験をしてお土産話もたくさん持って帰ってきました。
素晴らしい修学旅行を実現させてくれた先生方、鹿児島の方々、皆さんありがとうございました。
18:00 | 投票する | 投票数(4)
12345

学校だより・グランドデザイン・2012年度のできごとはこちら

学校の風景

リンク先

菊川市六郷まちづくり協議会
https://65mdc.org
のホームページです。
ぜひごらんください