お知らせ

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。
オンラインユーザー16人
ログインユーザー0人
あなたは408916人目です

お問い合わせ

牧之原市菊川市
学校組合立牧之原小学校
〒421−0501
牧之原市東萩間2082−13
TEL 0548−27−2314
FAX 0548−27−3575
 

携帯・スマホ QRコード

携帯電話、スマートフォンでもホーム
ページをごらんいただけます。
下のQRコードからどうぞ。

 

日誌

校長室から
1234
2017/09/25

やっぱり運動会はいいものです

| by:校長
 延期延期で先送りになっていました運動会を9月24日に行うことができました。
幼稚園の運動会や親戚の慶事と重なったり、仕事の変更をしなければならなかったり
と、保護者の皆様には大変御迷惑をおかけしました。でも、昨日、保護者や祖父母の
皆様や来賓・地域の皆様が、子どもたちの頑張る姿を笑顔で応援してくださるのを見
て、「牧小の運動会」は、学校だけのものではなく、「台地の運動会」なんだ、と、
感慨深い感情が沸いてきました。
 昨日は、絶好の運動会日和に恵まれ、子どもたちが練習を重ねてきた成果を天候や
グラウンドコンディションに左右されす、思う存分に発揮することができました。
今日、450枚に及ぶ運動会の写真をみましたが、どのショットを見ても、子ども
たちの生き生きとそして一生懸命の姿が写真に収まっていました。驚いたのは、歯
を食いしばっている写真が多くあったことです。遠目では分かりませんでしたが、
ズームしたファインダーの中に、しっかりと子どもたちの頑張っている姿が証拠と
して残っていたのです。
 この運動会で得たものを点で終わらせることなく、線でつなげ、そして面として
子どもたちの中に力として蓄積できるような教育活動を、今後進めていきたいと思
っています。
 最後になりましたが、片付けを皆さんでやっていただき、助かりました。
 すべての面で感謝・感激の運動会でした。ありがとうございました。
19:42 | 投票する | 投票数(7)
2017/09/15

運動会を延期します

| by:校長
  この1週間、祈りながら天気予報とにらめっこをしてきましたが、見る毎に雨の確率が
増し、本日、最後の望みをかけ「静岡地方気象台」に問い合わせたところ、天気の回復
は、期待されないことが現実となり、運動会延期の判断をいたしました。
 がっかりする気持ちは誰もが思うことですが、私たちの勤めは、子どもたちに、「一週
間伸びたからよかった」と23日の終了後、思うことができるようにモチベーションをあげ
ていくことです。先生方にもお願いをしました。
 保護者の皆様には、予定を変更したりお弁当の用意をしたりと御迷惑をおかけします。
また、一週間延びることによる子どもたちの体力面での心配もあります。3日間の連休中
心身共に御家庭でのケアをお願いいたします。
 
10:49 | 投票する | 投票数(6)
2017/08/30

夏休みが明けました

| by:校長
 33日間の夏休みが明けました。お陰様で、交通事故もなく大きな怪我もなく
8月29日に、子どもたちが元気な顔で登校することができました。
 夏休みの間、ひっそりと静まりかえっていた学校が、151人の子どもたちの
明るい笑顔と元気な声で、とたんに息を吹き返したようにエネルギーあふれ
た学校になりました。当たり前ですが、学校とは、「学校」という箱物ではなく、
そこに、子どもが息づいて初めて「学校」といえることを再認識しました。
  夏休み明けの朝礼では、子どもたちが学校に帰ってきてくれたことが嬉しく
て、テンションマックスの状態で、お話をしました。とにかく、子どもたちには、
「自分」を好きになって欲しい、[「自分」を決めつけてしまわないで、何にでも
前向きに挑戦して欲しい、という願いを込めてお話をしました。
 暑い中ですが、運動会に向かって汗びっしょりになって練習をがんばる子
どもたちを、心から応援していきたいと思います。

                 
                       夏休みの会礼 校長の話
  33日間の夏休みが終わりました。どんな夏休みを過ごしましたか? 夏休み前の約束どおり、みなさんは、「元気玉」と「あいさつ玉」を持って、登校することができました。でも、もう一つの約束「まあいい矢」の「矢」をぬいてきたかどうかは、校長先生の目では見ることができませんでした。どうですか?自分の背中を触って見てください。ちゃんと抜いてありますか?
 さあ、今度は、前の画面をみてください。何に見えるでしょうか?
 「うさぎ」に見える人?  「あひる」に見える人?
見る人によって、何に見えるかが違うのですね。「うさぎ」に見えた人は、「あひる」を探してください。「あひる」に見えた人は、「うさぎ」を探してください。
 見えましたね。不思議ですね。
 これは、絵だけでなく、「自分」や「お友だち」や「物事」の見方にも同じ事がいえます。
 たとえば、9月16日に運動会があります。かけっこの苦手な自分ばかり見てしまうと、運動会がつまらなくとてもいやなものになってしまいます。でも、もう一つの見方、「自分の組が勝つように、大きな声で応援できる」という自分が見えたら、運動会に向かって、「がんばるぞ」という気持ちが沸いてきます。
 このように、自分の中には、たくさんの自分がいます。その中のたった一つの自分だけを見て、自分で自分を決めつけないように、たくさんの自分を見れるようにしていくと、新しい喜びが生まれてくると思います。友だちに対しても同じです。物事に対しても同じです。
 まだまだ、暑い日が続きます。運動会の練習にも、汗びっしょにかきながら、頑張るステージにしましょう。
 
17:49 | 投票する | 投票数(5)
2017/07/30

遊歩道完成写真

| by:校長



 石を取り除いたり、根を切ったりと、大変な作業でしたが、全て、手作業で行いました。
 より安全な場所に通路を移動することができました。
 所有者様の御理解と御好意に心から感謝いたします。
13:35 | 投票する | 投票数(4)
2017/07/30

夏休みの職員大作業

| by:校長
 大きな怪我や事故もなく、7月までの授業を終え、27日から、33日間の夏休みに
入りました。
 夏休みと言っても、職員は、通常日にはできない研修や校内の環境整備作業に汗
だくになって頑張っています。
 12月から、1Fの放送室・相談室・理科準備室を放課後児童クラグに貸出し、その
改修工事が夏休みから開始される関係で、そこにあったものを移動したり、廃棄し
たりする作業に丸2日間かかりました。
 もうひとつは、保育園前の通学路歩道の移動新設工事です。本校職員による
「川口すぐやる社」がそれを無料で請け負ってくれ、これも丸2日間かけて、完成い
たしました。子どもたちの動線を見ると、登校時は本来の通路を通っているのです
が、下校時になると、通ってはいけない、手前の林の中を「ワープ」するかたちで歩
いているのです。私有地であり、勝手に通ってはいけない場所を、「いけないとわか
っていて、見てないからいいや。」で通ってしまっている子どもたちを見て、なんとも
言えない気持ちにになり、「それなら、所有者にお願いして、公に通っていい場所に
してしまえばいい。安全面から見ても、奥側にある方がいい。」と、歩道を移動新設
することを決断しました。PTA役員や学校評議委員の方々、柏木駐在員さん・交通
指導員さんの承諾を得た上で、所有者様の御了解をいただき、今回の運びとなり
ました。
 「林の中を通る遊歩道」のようで、とても素人が造ったとは思えないほどのできあ
がりです。この道を通る時に、子どもたちが、少し、「わくわくした気持ち」になるの
ではないかと、子どもたちの気持ちを考えると、こちらも「わくわく」します。
 このように、我々教職員は、夏休みを普段できない研修や作業に有効に活用して
います。充実した夏休みを過ごしています。
 28日のプール開放には、100人を超える子どもたちが出席し、子どもたちも夏
休みを満喫している様子です。
 大きな怪我や事故がないよう、子どもたちをどうかお見守りください。


 

 
13:02 | 投票する | 投票数(6)
2017/07/26

「温かさの行ったり来たり」小中連携

| by:校長
 牧之原中学校さんから、「全校のみなさんでどうぞ」と、梅ジュースをいただきました。
グラウンド西側の梅の木の梅の実を、中学校の生徒さんが収穫し、それを、梅ジュース
にしてくださった物です。この梅ジュースは、生徒さんが、丹念にかき混ぜながら作って
くださり、生徒さんの心の中のような透き通ったおいしい梅ジュースとなりました。
 本校事務が、各階にキーパーに入れた冷たい梅ジュースを用意してくれ、子どもたちは
給食後においしそうに飲んでいました。
 牧小中の連携には、温かさの行ったり来たりです。


10:38 | 投票する | 投票数(5)
2017/07/20

新体制での「チャレンジ学校」

| by:校長

    これまで、教育後援会の方々が主となって進めてくださった「チャレンジ学校」を
本年度は、実行委員制による新体制での「チャレンジ学校」へと改革をしました。
 組織づくりから始めた「チャレンジ学校」でしたが、PTA会長と新学校長のお二人
を中心にして、実行委員の方々が主体的・意欲的に準備を進め、組織改編からたっ
た2ヶ月余で、「チャレンジ学校」を実行にうつすことができました。これは、奇跡とし
かいいようがありません。
         「ゼロからのスタート 余力を残して来年へ」
をスローガンに子どもも実行委員もボランティアのみなさんも無理なく進めることが
できるよう、内容の見直しから始めました。
 その結果、これまで「3泊4日」だったのを「2泊3日」にしたものの、子どもたちは、
活動内容に大満足で、「来年も参加する。」と宣言している子がほとんどでした。
「チャレンジ学校」での子どもたちの姿を見て、現代では見られない「群れになって
遊ぶ」体験が、尊いものだと感じました。昔は、夕方に、近所の友だちと、お母さん
の「ご飯だよ~」という声が聞こえるまで遊んでいた、という経験は、現代の子は
皆無でしょう。頭をつきあわせて、トランプや将棋・オセロなので遊ぶ光景も皆無
でしょう。約束がなくても近所の子が三々五々集まって、花火を楽しむ光景もあま
り見られないのではないでしょうか。
 その「昭和の光景」が、「チャレンジ学校」にはありました。
 よそのおじさんやおばさんと遊んだり、叱られたりする光景もまた、「昭和の光景」
でした。
 みなさんの御協力のおかげで、今年もまた、子どもたちに最高の思い出をプレゼ
ントすることができました。
 みなさまに感謝いたします。ありがとうございました。
 
17:12 | 投票する | 投票数(10)
2017/07/11

自慢の子どもたち

| by:校長
      牧小が誇る5・6年生の勇姿です。

11:27 | 投票する | 投票数(6)
2017/07/11

南地域陸上競技大会を終えて

| by:校長
   7月5日に南地域陸上競技大会が開催されました。本校から、5・6年生が代表として参加しました。4月から、一生懸命に陸上練習を積み、その練習の内容や質が本当にすばらしかったです。私は、常に「積小為大」・・・練習の積み重ねの大切さを子どもたちや先生方に
お話してきましたが、それが、子どもたちの姿として表れていた練習の光景でした。
  ① 種目リーダーのリーダーシップの下、子どもたちが、自主的・主体的に練習を行って      
     いた。
  ② 自分の目標を明確にもち、友だちとの比較ではなく自分の目標に向かって練習を積
     んでいた。
  ③ 短時間の中で効率的な練習を行っていた。
  ④ 大きな声で準備運動のかけ声を掛けたり、練習が終わってから、全員揃って、大きな
    声で「ありがとうございました」の挨拶をしていた。
 この子どもたちの姿の裏には、種目担当の先生との信頼関係と先生の明確な支援があってこそでした。
 この姿を見て、実は、私はもう、十分でした。結果をそれほど気にしていませんでした。
でも「練習はうそをつかない」とよく言ったものです。練習の中で得た「体力」「技能・技術」
に加えて、精神面(協創・協助・協動の心)の鍛錬の蓄積が、「入賞」や「自己目標達成」にむすびつく、結果を引っ張ってきてくれました。また、大きな声での応援や挨拶・ピッチでの堂々とした態度にもそれが表れていました。
 終わった後も、当日応援にこれなかった種目の先生方に報告をし、先生方からもこれまで
の練習のがんばりを認めてもらう場を設けました。
 本年度、「自分や友だちの伸びを認め合い実感する子」を重点目標に教育活動を進めています。活動をやりっぱなしで終わることなく子どもたちの実感として蓄積させるために、このような、振り返りの場を活動毎にもうけています。
 また、原っ子の大きな可能性を見つけました。
 保護者のみなさまにも大勢応援にきてくださいました。また、これまでの子どもたちへの
励ましをありがとうございました。
 5年生は、もうすでに「来年度のエコパでの自分の姿」を見ています。  
    
10:57 | 投票する | 投票数(8)
2017/06/15

草刈りボランティア活動に感謝

| by:校長
 6月11日(日)に、地域草刈りボランティアの方々が30人程集まり、牧小中の草刈りをしてくださいました。地域の方々、祖父母の会のみなさま、PTA本部役員のみなさま、保護者のみなさま、職員が集まり、一緒に汗を流しながら草刈りをし、見違えるほど綺麗になった校庭を眺めながら感謝の気持ちでいっぱいになりました。
(自然に囲まれたこの牧之原小では、年1回のPTA奉仕作業だけでは、とても足りないだろ         う。)
と、地域の方がボランティアを申し出てくださったのです。
 牧之原小学校は 自然だけでなく、このような溢れるほどの温かさに囲まれているのです。
18:12 | 投票する | 投票数(8)
1234

学校だより・グランドデザイン・2012年度のできごとはこちら

学校の風景

リンク先

菊川市六郷地区コミュニティ
http://rokugo-comikyo.org/
のホームページです。
ぜひごらんください