お知らせ

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。
オンラインユーザー15人
ログインユーザー0人
あなたは431644人目です

お問い合わせ

牧之原市菊川市
学校組合立牧之原小学校
〒421−0501
牧之原市東萩間2082−13
TEL 0548−27−2314
FAX 0548−27−3575
 

携帯・スマホ QRコード

携帯電話、スマートフォンでもホーム
ページをごらんいただけます。
下のQRコードからどうぞ。

 

日誌

校長室から
12345
2018/02/01

「協力平」の精神をつなぐ

| by:校長
 始まりました!牧小伝統の「協力平」を6年生が4年生に伝授する
活動が。
 本校には、「協力平」と名付けた「ソーラン舞」があります。5・6
年生が、運動会や地域の行事で披露させていただいて、その魂のこもっ
た踊りに、大人は感動させてもらっています。
 「協力平」の踊りは、代々、卒業を前にした6年生が4年生に教えて
いきます。これは、単に「踊りの振り付けを教えるという」意味だけで
なく、牧之原小学校に受け継がれてきた伝統を6年生が、下級生に託す
という精神的なものの意味あいが強いといっていいかと思います。
 教える6年生も真剣です。その姿は、1年間牧小の最上級生として、
学校を牽引してきた自信と下級生への慈愛に満ちた姿です。それに応え
る4年生もまた、真剣です。「あこがれのかっこいい6年生みたいにな
りたい。」「次は、ぼくたち・私たちが、牧小のリーダーになるんだ。」
という気持ちが表情に表れています。本校の「協力平」は、6年生から
4年生に伝えていくその過程に尊い価値があると言えます。
 体育館での練習を見ると、本番のできあがった「協力平」を見る時と
はまたちがった、鳥肌が立つような感動を覚えます。その感動は、目に
は見えませんが、本校で大切にし、先人の功績を引き継いでいきたい
「協力平の精神:【協創】【協助】【協動】」であるのではないかと思
うのです。
 4年生が、「協力平」の踊りをマスターすると、それは、6年生の卒
業の時です。


18:18 | 投票する | 投票数(4)
2018/01/05

牧之原小学校のお正月

| by:校長
牧之原小学校のお正月飾り
                  事務室窓口
       玄  関        
       
                      玄 関 飾 り 
  門  松                 

16:22 | 投票する | 投票数(6)
2018/01/05

「冬休み明けのつどい」校長の話 

| by:校長
 「冬休み明けのつどい」では、「門松」を例にとり、日本の昔から伝わる風習と
その意味についての話をしました。
 自然界の全てに神が宿るという「八百万の神信仰」が、日本人の心の中に自然と
入り込み、それが風習となって現代に伝わっています。
 でも、現代になり、それらがだんだんと薄れてきているのを感じます。私の子ど
もに私が親としてそれを伝えてきたかというと自信がありません。なので、それを
教えていくのが、学校の役割の一つかなと自分の親としての反省を含めて、目の前
にいる牧小の子どもたちに教えていってあげたいと思いました。
 
         冬休み明けのつどい    校長の話

  みなさん、正座をしてください。いまから、「明けましておめでとうございます」の挨拶をします。床に手をおいて「明けましておめでとうございます」と言ってから、お辞儀をしましょう。
 今日は、新年なので、正座をしたまま、お話を聞いてください。 
 みなさんのお正月は、どんなお正月でしたか?
 では、お正月を迎えるに当たって、皆さんがやったことについて聞いてみます。
  1 大そうじ    2 餅つき    3 初日の出 4 初詣  5 おせち料理
 6 書き初め  7 お年玉
 このように日本のお正月には、昔から伝わる風習というものがたくさんあります。
  今日は、校長先生から、このお飾りのお話をします。見たことがありますか?何か分かりますか?これは「門松」と言います。この「門松」は、暮れに村井先生が作ってくださったのを学校の玄関に置いてくれたものです。
 「松」「竹」「梅」「千両という赤い実」「笹」が、飾られています。
 この中で一番に意味があるのは、「松」です。「松」には、神様が宿る木という言い伝えがあって、この「松」を目印にして、一年の幸せをもたらせてくれる「年神様」が、降りてくるのだそうです。「竹」は、生命力が強く、短い期間でまっすぐ育つ植物で、縁起がいいとされています。「梅」は、年が変わって一番に咲く花で、これも縁起がよい花とされています。よく「松」「竹」「梅」と言われますが、お正月の飾り物にも、この3つの植物が飾られるのですね。
 あとは、「千両」という、赤い実がつく木です。赤い色は、縁起のいい色で、こういう飾りにも赤が使われているのですね。「千両」は、昔のお金のことです。「千両」っていうと、今で言うと「1億3千万」ぐらいだそうです。そういう名前が付けられた植物は、やっぱり縁起がよい植物なのですね。
 去年は、学校に「門松」は飾っていませんでしたが、今年は、村井先生のお陰で、「門松」を飾ったので、きっと、幸せをもたらす年神様が、迷わずに牧之原小学校に降りてきてくれたと思います。いい1年になることは間違いありません。
 さあ、皆さんは、新しい年が始まっただけでなく、今日から新しいステージが始まります。あと、3ヶ月で新しい学年に上がります。6年生は、中学生になります。
 4月に決めた「なりたい自分」にどこまで近づくことができましたか?
  この後、先生方で「ステージのお話」をしてくださいます。みんなに向かってお話をするのですが、「ぼく」「わたし」に話してくれていると思って、しっかり聞いてくださいね。
 では、これで、校長先生のお話を終わります。
 手をついてお辞儀をしましょう。 体育ずわりに直してください。      
            
               
14:18 | 投票する | 投票数(6)
2018/01/05

新しい年のスタートです

| by:校長


 明けましておめでとうございます。新しい年を迎え、心新たに
教職員と子どもたちと共に「喜びでいっぱいの学校」を創っていき
たいと思います。
 皆様方の温かな御支援と御協力が私どもの支えです。本年度もど
うぞよろしくお願いいたします。

 1月5日は、新しい年とともに、「新しいステージ」の始まりの日
でした。子どもたちは元気いっぱいに登校し、笑顔を見せてくれ、
子どもたちのエネルギーで校舎の中が、「静」から「生」に変わり
ました。
 寒い体育館の中でしたが、落ち着いた中で「冬休み明けのつどい」
を行うことができました。「静かに待ち、話をしっかり聞く」という
全校集会でのルールが、当たり前のようにできる原っ子です。「当た
り前」のことなので、子どもたちは、「自分たちのよさ」とは自覚し
ていません。でも、すばらしいことなのです。
 今日は、先生方全員から、「当たり前にできていることって、ほん
とは、すばらしいことで、牧小のよさなんだよ。」ということを話す
場を設けました。
 先生方が、「よさ」を披露するたびに拍手をし合い、全部で11つ
「よさ」と「拍手」で、寒いはずの体育館の中が暖かくなりました。
 教室では、冬休みの宿題の確認をしたり、冬休みのできごとを話し
たり、早速席替えで新しい気持ちでスタートをきる準備を整えたり、
外で元気よく先生と遊んだり等、それぞれの活動で、新しいステージ
のスタートをきることができました。
 三連休の後、9日から通常日課の教育活動となります。
 元気で明るい笑顔一杯の学校生活が始まるのが楽しみです。


13:49 | 投票する | 投票数(6)
2017/12/15

牧之原市教育委員会指定研究発表会

| by:校長

 12月8日に牧之原市教育委員会指定「確かな学力」を育む授業づくり推進事業研究発表会が、本校を会場に行われました。
 市内小中学校が、1年に2校ずつが指定を受け、本年度は、牧之原小と萩間小の2校が、発表会を行いました。
 本校は、国語科を、萩間小は、算数科を窓口として、「確かな学力を育む」のための授業改善の研究の成果を市内約200人の先生方に見ていただきました。本校には、半分の約100人の市内小中学校の先生方が、参加してくださいました。
 3年間の研究の成果を「研究発表」というプレゼンテーションを使っての研究概要の説明と「授業参観」という授業に向かう子どもたちの姿で皆さんに報告することが
できましたは、「コンサート」という表現の場を積むことで、「恥ずかしがり屋さんの原っ子」の名前を返上した子どもたちは、大勢の先生方の前でもいつもどおりの
生き生きと授業に取り組む姿を見せてくれました。
「子どもが教師と信頼し合い、温かな学級」づくりがなされていると感じられる授    
業でした。」
「物語を読み深める姿がすばらしい。」
「何でも言い合える雰囲気作りができていた。」
「どの子も集中して取り組む姿におどろきました。」
「子どもたちが楽しんで学習している様子がとてもすばらしい。」
「子どもたちの発言が、とても素直でよかったです。」
「この発言力をそのまま伸ばしていって欲しいと思います。」
「6年生が、参観者が一人ずつ入るたびに全員が”こんにちは”とあいさつをしてくれたところが、とても温かかったです。」
 子どもたちや先生方のよさをたくさん教えていただきました。中にいると、なかなか「よさ」を見つけられないでいます。このように、大勢の方々に見ていただくことが「よさの発見」にながり、これまで、発表会に向かい、頑張って研究をしてきて
よかったな、と思いました。
「鍛えれば鍛えるほど伸びる原っ子」を、また実証してくれました。
 牧之原中学校の先生方は、全員本校の研究会に参加してくださり、協議に積極的に発言してくださったり受付や駐車場係等のお手伝いもしてくださったりしました。こういう所でも、牧之原小中連携の絆が生まれています。牧之原中学校の皆様、ありがとうございました。
11:58 | 投票する | 投票数(7)
2017/12/05

修学旅行で光った原っ子のよさ

| by:校長

 6年生が、11月30日、12月1日と1泊2日の修学旅行に出かけました。
引率として一緒に行動を共にしましたが、実に気持ちのよい2日間でした。
「全員が楽しめる思い出に残る修学旅行」という合言葉を子どもたちの誰もが
意識しながら、行動することができました。
 気持ちのよいあいさつを常に心がけ、駅員さんや国会議事堂の守衛さんまで
にもあいさつをし、子どもたちのあいさつに、殺伐とした都会になにかオア
シスを見つけたように、皆さんが、笑顔になっていました。グループ行動では、
常に一人一人が全員のことを考え男女別なく行動することができました。私は、
上野動物園班に同行しましたが、「~さん、見たい動物いる?」と声を掛け合い、
私にまで「先生、満足してくれましたか?」と気遣ってくれました。
 圧巻は、もんじゃ焼きでした。男女混合の6人グループで、初めてであろう
「もんじゃ」を試行錯誤しながら、わいわいいいながら、役目を一人に独占し
ないよう気配りをしながら焼き、おかわりもしながら完食しました。
 その様子を見て、こちらも幸せ気分になり、「もんじゃ焼き」をそれはそれは
おいしくいただきました。「もんじゃ焼き体験」は、ただの昼食ではありません
でした。担任の佐藤が申しておりました。「これこそ、アクティブ・ラーニング!」
単なる昼食を学びに変えてしまう6年生に、恐れ入りました。
 卒業まであと4ヶ月です。このよさを存分に発揮し、それを自分の「よさ」と
自覚し、自信をもって、中学校に進んで欲しいと心から願います。
17:37 | 投票する | 投票数(5)
2017/12/05

やっぱりチャレンジ走大会はいいものです

| by:校長
 「始めの会」で降り出し、「終わりの会」で止んだ雨の中でしたが、保護者の皆様の温かな声援と先生方のあらゆる場面での機転を効かした配慮のお陰で、無事に大成功をおさめることができました。子どもたちの頑張りは、言うまでもありません。チャレンジカード8枚分完走した子の人数が、昨年より多くなったことや標準記録突破数も増えたという、数値からでもそれが分かるし、当日の速い子であれ、苦手な子であり、すべての子が真剣勝負の走りだったことからも分かりました。
 でも、先生方の頑張りも光った大会でした。一人残らずの子を温かく大事に大事に見取っていました。
 その子に応じた支援や声かけがそれを証明していました。
 「まだ行ける」と思う子には、「がんばれ」「まだ行けるぞ」「ついて行け」「ぬかせ」という掛け声。(遅くても)十分に自分の力を発揮して頑張っている子には、「よし、よし」「それで行け」「いいペースだ」という掛け声。その掛け声の掛け方が、みんな共有していました。本年度の重点目標である「伸びを認め合う」というところが、子どもではなく、教師集団の中に、間違いなく根づいていることを確信いたしました。
 ただ、「頑張れ」ではなく、何を頑張るのかを子どもたちも教師もしっかりもっていたことが、本年度のチャレンジ走の大成功の中身と言えます。
 子どもたちには「振り返り」をさせますが、ただ「がんばりましたではなく、「何をがんばったのか」「何をがんばったからうれしかったのか」「これからの自分につなげたいことは何なのか」をしっかりと自分自身を評価させることが、この大成功のチャレンジ大会を点で終わらせることなく、線でつなぎ、それが面での積み重ねになっていきます。
  「チャレンジ走大会」は、本年度の重点目標達成の具現の姿を見せてくれた大会でした。
一日勤労感謝の日の休日をはさんでの24日の日の「風邪による欠席者」も覚悟しましたが、さすが原っ子!元気に登校してきました。鍛えれば、鍛えるほど、強くいなっていくのが原っ子です。
  これまでの健康管理と励ましのお言葉、そして、雨の中、温かな御声援をありがとうございました。心から感謝いたします。
17:34 | 投票する | 投票数(8)
2017/09/25

やっぱり運動会はいいものです

| by:校長
 延期延期で先送りになっていました運動会を9月24日に行うことができました。
幼稚園の運動会や親戚の慶事と重なったり、仕事の変更をしなければならなかったり
と、保護者の皆様には大変御迷惑をおかけしました。でも、昨日、保護者や祖父母の
皆様や来賓・地域の皆様が、子どもたちの頑張る姿を笑顔で応援してくださるのを見
て、「牧小の運動会」は、学校だけのものではなく、「台地の運動会」なんだ、と、
感慨深い感情が沸いてきました。
 昨日は、絶好の運動会日和に恵まれ、子どもたちが練習を重ねてきた成果を天候や
グラウンドコンディションに左右されす、思う存分に発揮することができました。
今日、450枚に及ぶ運動会の写真をみましたが、どのショットを見ても、子ども
たちの生き生きとそして一生懸命の姿が写真に収まっていました。驚いたのは、歯
を食いしばっている写真が多くあったことです。遠目では分かりませんでしたが、
ズームしたファインダーの中に、しっかりと子どもたちの頑張っている姿が証拠と
して残っていたのです。
 この運動会で得たものを点で終わらせることなく、線でつなげ、そして面として
子どもたちの中に力として蓄積できるような教育活動を、今後進めていきたいと思
っています。
 最後になりましたが、片付けを皆さんでやっていただき、助かりました。
 すべての面で感謝・感激の運動会でした。ありがとうございました。
19:42 | 投票する | 投票数(8)
2017/09/15

運動会を延期します

| by:校長
  この1週間、祈りながら天気予報とにらめっこをしてきましたが、見る毎に雨の確率が
増し、本日、最後の望みをかけ「静岡地方気象台」に問い合わせたところ、天気の回復
は、期待されないことが現実となり、運動会延期の判断をいたしました。
 がっかりする気持ちは誰もが思うことですが、私たちの勤めは、子どもたちに、「一週
間伸びたからよかった」と23日の終了後、思うことができるようにモチベーションをあげ
ていくことです。先生方にもお願いをしました。
 保護者の皆様には、予定を変更したりお弁当の用意をしたりと御迷惑をおかけします。
また、一週間延びることによる子どもたちの体力面での心配もあります。3日間の連休中
心身共に御家庭でのケアをお願いいたします。
 
10:49 | 投票する | 投票数(7)
2017/08/30

夏休みが明けました

| by:校長
 33日間の夏休みが明けました。お陰様で、交通事故もなく大きな怪我もなく
8月29日に、子どもたちが元気な顔で登校することができました。
 夏休みの間、ひっそりと静まりかえっていた学校が、151人の子どもたちの
明るい笑顔と元気な声で、とたんに息を吹き返したようにエネルギーあふれ
た学校になりました。当たり前ですが、学校とは、「学校」という箱物ではなく、
そこに、子どもが息づいて初めて「学校」といえることを再認識しました。
  夏休み明けの朝礼では、子どもたちが学校に帰ってきてくれたことが嬉しく
て、テンションマックスの状態で、お話をしました。とにかく、子どもたちには、
「自分」を好きになって欲しい、[「自分」を決めつけてしまわないで、何にでも
前向きに挑戦して欲しい、という願いを込めてお話をしました。
 暑い中ですが、運動会に向かって汗びっしょりになって練習をがんばる子
どもたちを、心から応援していきたいと思います。

                 
                       夏休みの会礼 校長の話
  33日間の夏休みが終わりました。どんな夏休みを過ごしましたか? 夏休み前の約束どおり、みなさんは、「元気玉」と「あいさつ玉」を持って、登校することができました。でも、もう一つの約束「まあいい矢」の「矢」をぬいてきたかどうかは、校長先生の目では見ることができませんでした。どうですか?自分の背中を触って見てください。ちゃんと抜いてありますか?
 さあ、今度は、前の画面をみてください。何に見えるでしょうか?
 「うさぎ」に見える人?  「あひる」に見える人?
見る人によって、何に見えるかが違うのですね。「うさぎ」に見えた人は、「あひる」を探してください。「あひる」に見えた人は、「うさぎ」を探してください。
 見えましたね。不思議ですね。
 これは、絵だけでなく、「自分」や「お友だち」や「物事」の見方にも同じ事がいえます。
 たとえば、9月16日に運動会があります。かけっこの苦手な自分ばかり見てしまうと、運動会がつまらなくとてもいやなものになってしまいます。でも、もう一つの見方、「自分の組が勝つように、大きな声で応援できる」という自分が見えたら、運動会に向かって、「がんばるぞ」という気持ちが沸いてきます。
 このように、自分の中には、たくさんの自分がいます。その中のたった一つの自分だけを見て、自分で自分を決めつけないように、たくさんの自分を見れるようにしていくと、新しい喜びが生まれてくると思います。友だちに対しても同じです。物事に対しても同じです。
 まだまだ、暑い日が続きます。運動会の練習にも、汗びっしょにかきながら、頑張るステージにしましょう。
 
17:49 | 投票する | 投票数(5)
12345

学校だより・グランドデザイン・2012年度のできごとはこちら

学校の風景

リンク先

菊川市六郷地区コミュニティ
http://rokugo-comikyo.org/
のホームページです。
ぜひごらんください