牧之原市菊川市学校組合立牧之原小学校
(学校教育目標) 協力平 夢ある未来を切り拓く
(重点目標)勇気と優しさと私
~みんなが幸せになる学校~


 

お知らせ

本年度の重点目標は
勇気と優しさとわたし
  ~みんなが幸せになる学校~
 
オンラインユーザー21人
ログインユーザー0人
あなたは1420326人目です

お問い合わせ

牧之原市菊川市
学校組合立牧之原小学校
〒421−0501
牧之原市東萩間2082−13
TEL 0548−27−2314
FAX 0548−27−3575
 

携帯・スマホ QRコード

携帯電話、スマートフォンでもホーム
ページをごらんいただけます。
下のQRコードからどうぞ。

 

日誌

校長室から
12345
2023/01/06

あけましておめでとうございます

| by:校長

 あけましておめでとうございます。

 ちょっと短めの冬休みだったでしょうか。

 休みの間、家族と過ごした時間がとても楽しかったのでしょう。いい顔で、元気よく、全校集会ではちょっとざわざわ感もありましたが、大病や事故やけがもなく学校再開となったこと、うれしく思います。

 全校集会では、「初夢」の話をしました。

 おなじみの「一富士二鷹三茄子」です。

 「初夢を見た人!」の問いかけに、ぱらぱらと手が挙がり、「じゃぁ、富士山が出てきた人!」の問いにも驚くことに数人の手が!(^^;

 「じゃぁ、鷹は?」「さすがに、茄子はいないだろう」どんどん手の上がりが悪くなる子供たちでした(^^)

 原っ子のみんなには、夢ある1年を送ってもらいたいなと思います。

 「こうしたい!」「こんな自分になりたい!」

 「思い」をもって日々を過ごしてもらえたらなと思います。

 もちろん、私たち大人も。

 

 「夢はでっかく根は深く」(相田みつを)

 「夢を持て!でかければでかいほどいい。とにかく、夢を持て。大風呂敷を広げておさまりがつかなくなってみろ、やらざるを得なくなるではないか」(アントニオ猪木)

 「ユメのない世界ってつまらないなあ」(野比のび太)

 どれも、深いイイです。

 

 14日に、牧之原市新春初顔合わせ会が「牧之原市相良総合センターい~ら」で行われ、出席してきました。

 その中で、先のドラフト会議において中日ドラゴンズから2位指名を受け入団が決定した、牧之原小学校・中学校卒業生の村松開人選手のビデオメッセージが流されました。

 牧之原市からは、35年振りのプロ野球選手誕生とのこと。

 凜々しい表情で熱くプロ野球選手としての豊富を語る村松選手からは、希望溢れる大きな「夢」を感じました。

 

 2023年、夢ある1年になりますように。

 本年も、宜しくお願いします。


08:43 | 投票する | 投票数(9)
2022/12/06

Best Smile Best Memories 修学旅行

| by:校長

1130日(水)~122日(金)まで、2泊3日で修学旅行に行って参りました。

まずは何より、全員が元気に行って帰って来られたこと。

健康管理に気をつかってくださり元気に送り出してくださった保護者のみなさん、何度も打ち合わせをして綿密な計画を立ててくださった旅行会社のOさん、安全第一で旅先を案内してくださったバスの運転手さんにガイドさん、温かく迎えてくださった宿の皆さんからみんなを楽しませてくださった宍道湖遊覧船の船長さんまで、本当に多くの方々に感謝です。

2泊3日、しかも遠く離れた島根県。新型コロナウイルス感染拡大も心配される中、もし旅先で体調を崩してしまったらどうするか。出発前にあらゆるケースを想定して、職員みんなでシミュレーションもしました。結果、全くその心配もなく、子供たちは全力で楽しめた修学旅行だったと思います。

旅のスローガンは『Best Smile  Best Memories

子供たちの『Best Smile』は、当ホームページの「牧小トピックス」でご覧下さい。活動場所での子供たちの充実の笑顔と、旅先での豪華な料理の数々が掲載中です。

「何?!このご飯、もちもちして、うめぇ~!」旅館の夕食であがった子供の歓声。食べてみると、本当においしい。島根の特産品「出雲國仁多米」のようです。そんな食との出会いも、旅の醍醐味。

Best Memories』は、これから子供たち一人一人がスライドにしてまとめます。修学旅行前に、近隣の新聞販売店様より、スライドの記事づくりのレクチャーを受けました。5W1Hを使うこと、一番伝えたいことの結論を最初にもってくること、見出しは結論をさらに短く10文字ぐらいにすることなどのアドバイスをいただきました。どんな『BestMemories』が出来上がるか楽しみです。

 

富士山静岡空港から出雲縁結び空港まで、1時間ほどの飛行時間でした。あまりの近さに驚きです。特に帰りは気流の関係で、1時間かからなかったような。。。天候もよく、空から見下ろす眺めは最高でした。

子供たちの声です。「この大きな川は場所的に木曽川?」「工場が多いから、愛知県だよね。」「あの形は御前崎だ!」「エコパが見えた!」「このコースなら学校の上も飛ぶんじゃない?」
 地図帳の上で学んでいた社会科の学習がここで生きました(^^)

個人的には、松江城に行ったことで日本の国宝天守5城(松江城、姫路城、彦根城、犬山城、松本城)制覇!というのがちょっとうれしかったです(^^;


14:41 | 投票する | 投票数(13)
2022/11/10

アースランチとまちたんけんから。

| by:校長

昨日は、「アースランチフェスティバル」でした。(アースランチについてはhttps://www.city.makinohara.shizuoka.jp/soshiki/32/47639.html

昨年度に続いて、二回目の出場となった5年生。今年は、『原っ子ベジタブルサンド』でチャレンジでした。学校農園で育てた野菜や大茶園をもつ牧之原ならではのお茶、恵の森でとれた栗など、豊富な食材をはさみ、おいしいサンドの出来上がりでした。

トライ&エラー。はじめは「ん?」といった味でした、正直。試作を重ねることで子供たちは考え、アイディアを出し合い、協力して作ることで完成度を上げてきました。みんな納得の味が出来たのではないかと思います。

審査員からは、「自分たち自身の手で栽培された原材料で作られているか」を問う『アースランチ度』と「他の地域や学校にはないようなアイディアにあふれている」ことを問う『びっくり度』に高い評価をいただきました。いただいた『ビューティフル・ベジタブル賞』と『ワンダフル・ベジタブル賞』は、子供たちの勲章です。

観音山自然教室やアースランチなど、仲間と協力して創り上げる活動が柱の5年生。今回の活動をとおして、更に団結力がアップしたこと間違いありません。

 

そして今日は、2年生とかがやき1組が「まきのはらたんけん」に出掛けました。

10月には天候不良のため中止。待ちに待った「まちたんけん」は、温かく穏やかな小春日和の最高の天候でした。

目的地は、牧之原コミュニティセンター、荒畑園、ふくろ茶屋、なかじま自然薯園、牧之原農村婦人の家などなど。自分たちの行ってみたい場所を選択して、歩いたり、バスに乗ったりしての訪問でした。子供たちの素朴な質問、突飛な反応に親切ていねいに答えていただき、感謝です!本日突然訪問させていただいた店舗もあったようです。快く受け入れていただき、ありがとうございました。

校外授業での子供たちからは、ちょっといつもと違う表れが見られます。

目を皿にして、きらきら目を輝かせながら見学する子・知りたいことや教えてほしいことがどんどんわき上がって、たくさん質問する子・ちょっとはずかしくて質問は出来ないけれど、じっと耳を傾けて説明を聞く子。

説明をしてくださる方の一言一言に反応して、妙に場を盛り上げたり、「ちょっと静かに聞いててくれる?」と苦笑いで注意されたりする子もいますが、ご愛敬。それだけ興味がわいている証拠です。温かく見守ってくださり、ありがとうございました。

見守って下さったといえば、「まちたんけん」には地域の方・保護者の方、総勢18名の方がボランティアで参加してくださいました。子供たちの見守りや写真撮影などなど、ありがとうございました!

 

個人的な「ほぉ~」「おぉ~」「ふふふ・・・」です。

☆ふくろ茶屋さんでは、厨房を見学しました。見たこともない大きなしゃもじに驚く子供たち。王位戦で来牧した藤井聡太さんが食べた「かつおづけ丼」で有名なふくろ茶屋さん。県外からもたくさん食べに来るようになったとの話には「ほぉ~」でした。

☆なかじま自然薯園さんでは、自然薯の収穫場面を見学しました。今度3年生も収穫におじゃまします。まっすぐにきれいに伸びて生長した自然薯。掘り出された時には、思わず「おぉ~」の歓声でした。

☆荒畑園さんでは、お茶工場を見学しました。大きな機械の数々には圧倒。「1台いくらだと思う?」の質問に「ひゃくおくまんえん!」という2年生らしさに「ふふふ・・・」でした。


15:49 | 投票する | 投票数(17)
2022/10/15

運動会の応援、ありがとうございました!

| by:校長

絶好の運動会日和でした。多くの保護者の皆様、地域の皆様に見守られて開催できたことに感謝です。

そして白組、優勝おめでとう!団体競技での強さが優勝につながりました。

準優勝の赤組、立派でした!リレーでの猛追は会場を大いに盛り上げました。

この日を迎えるまで、子供たちはリレー練習や競技練習をしたり、高学年は「協力平」の演技に磨きをかけたりと、少しずつ少しずつモチベーションをあげてきました。スローガンは「見ている人もやっている人も涙あふれる思い出の運動会」でしたが、終わってみればスローガン通りのうれし涙と悔し涙の入り交じった感動的な運動会でした。

 おそらく、応援して下さった皆様一人一人に、運動会の名場面があったのではないかと思います。今まで見たことのない、徒競走での力一杯の表情。猛烈な追い上げのランナーと必死に振り切るランナーの攻防。僅差の映像判定で勝敗を分けた競技に演技。練習時から計測していたリレーでの数々の新記録更新。「協力平」の由来を知った上の力のこもった演技。どれもこれも名場面の連続でした。

 運動会の準備には56年生が、片付けには保護者の皆様が力になってくださいました。始まりも終わりも「協力平」の精神が息づく運動会だったと思います。感謝、感謝です。

 さて、これで前期が一区切りです。1020日からは、後期がスタートします。後期も、子供たちの活躍をお楽しみに♪


15:01 | 投票する | 投票数(15)
2022/10/07

今日は「お弁当の日」でした。

| by:校長

今日は「お弁当の日」でした。昨年度からの取り組みで、子供たちが自分の力でお弁当づくりに挑戦する日です。子供たちは、4つのコースから選択。A:すべて自分で作る、B:家の人と一緒に作る、C:おにぎりだけ自分で作る、D:家の人に作ってもらうけれど残さず食べて「ありがとう!」もしっかり言う・・・の4コースです。

 お弁当の時間を待ち、いざ教室へ。子供たちがどんなお弁当を作ったのか、お弁当見学に出掛けました。http://makisho.sakura.ne.jp/?page_id=166

 それはそれは、見事なお弁当。自分の好きなおかずをぎっしり詰め込んだお弁当や、ちょっと三角になりかけのおにぎり、卵焼きが焦げちゃったり、タコさんウインナーがやけどしちゃっていたり(笑)それでも、みんな自慢げに見せてくれます。

「校長先生!自分で全部作ったんだ!」

その顔、自慢げであり誇らしげであり☆

「いつもは6時過ぎに起きるんだけど、今日は520分に起きてお弁当を作ったんだ。」

きっと、前の日はお弁当づくりにわくわくドキドキしながら床に就いたのでしょう。

「おっ!サンドイッチだね。お姉ちゃんも、そうだったね。」

声をかけるとうれしそうにうなずきました。きっと、姉妹で台所に立ってつくったのでしょう。

「わぁ、すごい!おにぎりに海苔でキャラクターを描いたんだね。」

器用に海苔を貼り付けています。

「これに30分もかかっちゃった!」

気合いの力作。食べるのがもったいないほどの出来映えでした。

 

とっても素敵な「お弁当の日」でした。御協力いただいた保護者の皆様、ありがとうございました!「お弁当の日」来年もまたやります。まぁ、お弁当の日は毎回自分で作ってくれてもOKなんですけどね(笑)


18:34 | 投票する | 投票数(13)
2022/09/12

奉仕活動、ありがとうございました。

| by:校長

朝夕は気持ちのよい秋風が吹き、過ごしやすくなってきました。

夏休み明けの朝の登校の様子を見ていると、暑さのためか「おはようございます」の声も小さかったのですが、ここのところ以前の元気を取り戻してきた感じです。

 

昨日は、保護者の皆様にPTA奉仕活動に参加していただき、グラウンドや校舎周りの整備をしていただきました。

ありがとうございました!

日頃、ボランティアの方やスクールサポートスタッフの方が草刈りや樹木の伐採をしてくださっているのですが、やってもやってもまた伸びるような状況。大勢で作業することで、あっという間に整備が進みました。これから中学校はスポーツ祭、小学校は運動会が行われます。環境が整いました。あとは子供たちの力一杯の姿が見られることを、楽しみにしています。

 

「校長先生、子供たちから暑中見舞い来た?」って、聞かれました。(^^)

4通来ました!楽しかった夏の思い出、宿題やってるよの報告、熱中症に気をつけてくださいの心遣いなどなど、楽しく拝見しました。

「わたしは元気にしています。心配しないでください。」なかなか来ないなぁと、待ちわびる私の気持ちを見透かしたかのようなお手紙もありました。(^^;)

一枚一枚にイラストを描いて返事を送りました。

「校長先生、絵が上手いんだねぇ」

休み明けには、子供たちからお褒めの言葉。

ありがとね。


14:16 | 投票する | 投票数(8)
2022/07/28

子供って、面白い。

| by:校長

夏休みに入り、1週間が過ぎようとしています。

 子供の声がしない学校は、やはりさみしいなぁと感じます。職員は、午前は職員研修や環境整備、午後は教育面談と、時間の取れる夏休みを有効に活用して過ごしています。暑い中、お忙しい中、面談にお越し下さった保護者の皆様、ありがとうございます。

 

夏休みに入るちょっと前のこと、ある子が「校長先生、住所教えて下さい!」と訪ねてきました。メモ用紙に書いて「個人情報だから、そのへんに捨てちゃだめだぞ。」と言いながら渡したところ、また新たな子が「僕にも住所を書いてください」とやってきました。

この時期に住所を聞いてくるということは、暑中見舞いをくれるのだろうかと思い、「暑中見舞いをくれるのかい?」と聞くと、「暑中見舞いって何?」の反応。若干ずっこけつつ、暑中見舞いっていうのは・・・と教えました。

しばらくすると、また新たな子が住所をもらいに来ました。すると、さっきの子が「住所をもらった子は暑中見舞いを書くんだぞ」と言っています。すると「暑中見舞いって何?」の反応。その子は、暑中見舞いとはなんぞやということを、先ほど私が教えたとおりに、ちょと自慢げに教えていました。

またしばらくすると、新たな子が「暑中見舞いを書くので、住所を教えてください。」とやってきました。きっと、さっきの子に「暑中見舞い」のことを教えてもらったのでしょう。子供たちのネットワーク、なかなかすごいです。

しまいには、「お父さんとお母さんの分も住所をください!」という子まで出てきました。これには笑ってしまいました。子供の考えることって、ほんと面白いです。夏休み前には、各学級で暑中見舞いの書き方について学習しました。さて、私にはどんな暑中見舞いが届くのか、楽しみにしています♪


14:28 | 投票する | 投票数(13)
2022/06/29

観音山で・・・。

| by:校長

観音山自然教室に、5年生と共に行って参りました。

http://makisho.sakura.ne.jp/index.php?key=joofhs0bi-237#_237

http://makisho.sakura.ne.jp/index.php?key=jo0tw4z86-237#_237
 12日ながら、大きな荷物を持ってバスに乗り込む5年生。どの子も本当にいい顔で、これから待ち受ける未知への体験に、胸高鳴り心躍るといったところでしょうか。そんな子供たちを見ているのも、とても気持ちのよいものです。

当日の朝は、駐車場の関係で保護者の方のお見送りをお断りしました。親元離れての初めての宿泊体験で心配・・・という方も多くいらしたかと思います。

初日の山頂登山でのこと。ひとつのグループと一緒にお弁当を食べました。山登りで疲れておなかも空くだろうと、ガッツリお昼を用意してくださっていた家、さっぱり系の食べやすいものを詰めてくださっていた家、そして見つけてしまいました。そっとお弁当に手紙を忍ばせてくださっていた家。

「ちょっと、見せて」とお願いして見せてもらったところ、

「お疲れさま。がんばって登ってきたね。しっかり食べてね。」そんな感じの内容でした。

「なんか、こんなのがあったよぉ」と言いながらも、ちょっとうれしそうに、そして何度か読み返していました。お家の方のあたたかいお手紙に、ちょっとほっこりでした。

 

夜はナイトウォークラリーで蛍を見て、2日目には沢登りでほうろく沢を探検しました。

あっという間の2日間。山登りでめげそうになれば「大丈夫?」と声をかけ、遅れ気味の子がいればそっと近寄り一緒に歩いてあげ、「元気を出そう!」とみんなで大合唱(なぜか昭和歌謡)。勇気と優しさを至るところで発揮してきた5年生でした。

観音山少年自然の家(http://kannonyama-shizuoka.jp/index.html)の所員の方にも、元気なあいさつや話の聞き方などをほめていただき、スローガン「協力し合い仲良く楽しい感音山」は大成功でした。

ひとつ成長した5年生の姿、うれしいです♪


12:50 | 投票する | 投票数(11)
2022/06/16

ちょっと心響いたエトセトラ

| by:校長

先日の朝のこと。

立哨中に、登校してきた子供たちが「校長先生、1年生の子が途中でなんか泣いていたよ。行ってあげて!」と教えてくれました。子供たちが指さす方に向かうと、1年生の子の横に6年生の子がぴったりと寄り添い、一緒に歩いてくれていました。

1年生の子の涙はすでに止まり、そこには小さな歩幅で学校に向かう姿がありました。ちょっぴりくじけてしまうようなことがあったようです。寄り添い歩く6年生の優しさ、優しさに触れて立ち直り再び歩き出した1年生の勇気に、ちょっと感動した朝でした。

 

「グリーンシトラスミュージック」の皆さんがやってきました。(http://makisho.sakura.ne.jp/index.php?key=jomrnha1m-237#_237)すばらしい演奏と歌声に、あっという間の1時間でした。知っている曲では小さく歓声がわいたり、『にじ』(https://www.youtube.com/watch?v=YLji6FHqvJQ)では、3年生の子たちが自然と振り付けで歌ったりと、優しさと温かさあふれる音楽会でした。

 

 2年生が植えた野菜が育ち始めています。地域の方がつくってくださったきゅうりの棚に、さっそく第1号のきゅうりができました!「すごーい!」と声を上げる子供たち。きっと、今年も農園の前で何度も歓声をあげることになるでしょう。


17:41 | 投票する | 投票数(12)
2022/05/30

ちょっと、うれしかった話

| by:校長


 急に暑くなってきました。当ホームページにお越しの皆様、お元気に過ごせていますでしょうか。

 新型コロナウイルス感染症対策にともなう、マスク着用についての方針が見直されているところです。学校では、引き続き感染症対策を徹底していくとともに、熱中症対策も講じた指導と配慮を行っていきます。

 6月中旬頃から、水泳の授業が始まります。来週にはプール清掃があり、6年生がきれいに磨いてくれる予定です。プール清掃その前に、プールサイド等の点検と落ち葉や雑草の片付けをしてきました。短時間で簡単に・・・と思って始めたのですが、なかなかの量で草捨て場を数往復。校舎からは、昼休みの子供たちからの応援の声がちらほら・・・。

 汗だくになって校長室に戻ると、テーブルの上に一輪挿しが・・・。

 そういえば、校舎から2年生の子が数人「・・・置いておいたで~」と何か言っていました。

 このことだったのですね。

 校庭のどこかに咲いていたのでしょう。

 子供たちの気持ちが、優しさがうれしい。

 汗が引くまで、しばらく眺めていました。


14:26 | 投票する | 投票数(11)
12345

学校の風景

学校だより・グランドデザイン・2012年度のできごとはこちら

リンク先

菊川市六郷まちづくり協議会
https://65mdc.org
のホームページです。
ぜひごらんください