牧之原市菊川市学校組合立牧之原小学校
(学校教育目標) 協力平 夢ある未来を切り拓く
(重点目標)勇気と優しさとわたし
~みんなが幸せになる学校~


 

お知らせ

本年度の重点目標は
勇気と優しさとわたし
  ~みんなが幸せになる学校~
 
オンラインユーザー2人
ログインユーザー0人
あなたは1685194人目です

お問い合わせ

牧之原市菊川市
学校組合立牧之原小学校
〒421−0501
牧之原市東萩間2082−13
TEL 0548−27−2314
FAX 0548−27−3575
 

携帯・スマホ QRコード

携帯電話、スマートフォンでもホーム
ページをごらんいただけます。
下のQRコードからどうぞ。

 

日誌

ほかほか職員室から >> 記事詳細

2015/02/13

種をまく いつか花が咲く

| by:教頭
今年、成人式に行ってきました。
私が以前6年生の担任をした子どもたちが成人をむかえたからです。
立派に成長した姿を一目見たくて。

すばらしい若者になっていました。
どの子も、気さくに「せんせーっ。久しぶりーっ。」と来てくれて。
当時のクラスメイトがみんな集まってきて、タイムカプセルも開けました。

その中には、小学生時代、あまりおしゃべりが得意ではない子もいました。
授業中、発表をすることはほとんどありません。
友だちと相談タイムになっても、自分の思いを伝えることができません。
顔が真っ赤になって、うつむいてしまうことが多かった子です。
当時は心配したし、どうすればこの子がのびのびと語れるようになるかと、いろんなことをしました。
「教室はまちがえるところだ」の長い長い詩を教室にはってみたり。
答えやすいような問題を投げかけたり。
興味がわくような工夫をしたり。
話し方の基本形を教えたり。
声を出すことが平気になるように、詩の音読を国語の授業で取り入れたり。
となりの人とのペア学習をしてみたり。
まずは考えをノートに書いてみるようにしたり。
安心して話せるような、温かい学級づくりを意識したり。
ちょっとのことをほめたり。
本人にも、「大丈夫だよ。」「安心して。」「自信を持って。」
いろんな励ましもしました。
でも、その子の声を聴くことはなかなかできませんでした。

成人式の日、その子も来ました。
すごくたくさんしゃべりました。
友だちとも、私とも。
楽しそうでした。
その子の声をこんなに聴いたことはありませんでした。
うれしくてうれしくて、この子とお話ができて、成人式に来て良かったと心から思いました。
「こんなにたくさんお話しできて、うれしいよ。」
と言いました。
その子は、
「そうでしょ。わたし子どもの頃はおとなしかったから。」
と言いました。
その子はさらにこう言いました。
「でもあのころも、本当はもっと話がしたいなぁと思っていたよ。」
続けて、
「先生が一生懸命、わたしのためにしてくれてたことも分かってたよ。」

その子は、中学生になっても、おしゃべりは苦手だったようですが、高校生になって本人もびっくりしたくらい、おしゃべりになったそうです。
きっかけは、友だちだったようです。
なんでも話せる親友ができて、おしゃべりが楽しくなったようです。

恥ずかしがり屋さんで、おしゃべりが苦手で、発表がなかなかできない子もいます。
でも、あわてなくてもいいんだな。
いつか、話せるようになる。
その日は必ず来る。
その日が来るために、わたしたち小学校の先生は
せっせせっせと、種をまく。
17:53 | 投票する | 投票数(14) | コメント(0)

学校の風景

学校だより・グランドデザイン・2012年度のできごとはこちら

リンク先

菊川市六郷まちづくり協議会
https://65mdc.org
のホームページです。
ぜひごらんください