お知らせ

本年度の重点目標は
勇気と優しさとわたし
  ~みんなが幸せになる学校~
 
オンラインユーザー10人
ログインユーザー0人
あなたは1190559人目です

お問い合わせ

牧之原市菊川市
学校組合立牧之原小学校
〒421−0501
牧之原市東萩間2082−13
TEL 0548−27−2314
FAX 0548−27−3575
 

携帯・スマホ QRコード

携帯電話、スマートフォンでもホーム
ページをごらんいただけます。
下のQRコードからどうぞ。

 

3年生学年だよりコーナー

3年生のお部屋
1234
2013/04/01

最後の更新?!

Tweet ThisSend to Facebook | by:牧之原小3年担任
離任式の日に撮った写真です。



みんな良い笑顔でしょう?あーっ。楽しかったなぁ。。


16:42 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2013/03/27

明日は離任式

Tweet ThisSend to Facebook | by:牧之原小3年担任
明日は離任式。

この牧之原小学校を離れて行かれる先生とのお別れの式です。

一年間3年生もいろいろな先生方にお世話になりました。

明日は先生方へ感謝の気持ちをもって式に参加しましょう。


3月28日() りにん式

 8:30までに登校班で登校

 

【持ち物】 上ぐつ

 

※下校  10:10


14:15 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2013/03/22

手紙をありがとう

Tweet ThisSend to Facebook | by:牧之原小3年担任

前々記の日誌に子どもたちの書いた手紙をのせますと書きましたのでこちらに書かせていただきます。

先生へ
この一年間ありがとうございました。僕は三年生になって苦手だった一輪車や勉強が先生がコツを上手に教えてくれたから、ほとんど一輪車や勉強が出来るようになりました。勉強の中で一番苦手だった国語で、作文を書くのも、本を読むのも上手くなりました。

(この子は本人も言っている通り、国語の授業に前向きに参加するようになりました。文章を書くよと言っても「どれくらい書く?」って周りが言っている間に考え始めるような子でした。休みの日に図書館行ったことが嬉しかったのでしょう。どんどん本を読んで、本ともっと仲良しになってね。)

先生へ
この一年間ありがとうございました。
短い間でしたが楽しかったです

(この子からもらった手紙は続きを書きたそうにしていましたが、様々な事情でここまでになってしまいました。私はこの子に楽しかったと書いてもらえて本当にうれしかったです。短文ではありますが私とこの子の間にはこの一言の意味がすごく深いです。)

先生へ
一年間ありがとうございました。
私は本当に先生が私たちの担任でうれしかったです。
勉強もわかりやすかったし、たくさんみんなと仲良く遊べたりしてありがとうございました。
先生との一年間とっても楽しかったです。私は先生は優しいから大好きです。
私たちが違う学年へ行ったりしたらあまり会えなくなってしまうけど、離れていても3年生の一年間のことは忘れません。他の学年へ行っても勉強頑張ります。

(この子は普段は静かであまり言葉は発しないものの笑顔が似合う子で、またいろんなことを冷静に受け止めることができる良い子です。こんな風に私のことを感じていてくれたことうれしかったです。勉強頑張ってね。)

先生へ
この一年間ありがとうございました。
ぼくは一年間先生やみんなと遊んですごく楽しかったです。
怒る時はすごくこわかったけれど、楽しい時はすごく楽しかったです。
この一年間本当にありがとうございました。

(私はこの子からさまざまな出来事を通して勉強させてもらいました。本がめちゃめちゃ好きな子なんですが、来年もどんどん読んで知識をつけてってくださいね。)

他にも何人かの子が手紙を書いてくれましたが、本人に許可をもらえなかったものもあるので一部にさせてもらいます。

子どもたちの手紙の中にこんな一文を書いてくれた子がいます。

「今年は先生でよかったと思っています。」

私はこの一文を見た時、ああ。教師という仕事を選んでよかった。と心からそう思いました。

今もパソコンに向かいながら泣きそうなのをぐっと我慢しています T□T。

子どもたちに対して、私に何が出来たかは分かりませんが、でも上記のように感じていてくれた子がいたので本当によかったと思います。

3年生のみんな。本当に1年間ありがとう。先生もみんなが大好きです。できたらスモールライトで・・・笑 なんて話しもしましたね。離任式もう一度みんなに会える日を楽しみにしています。
絵文字:笑顔絵文字:キラキラ


09:55 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0)
2013/03/22

保護者の皆様へ

Tweet ThisSend to Facebook | by:牧之原小3年担任

一年間ありがとうございました。

保護者の方からすると、私は頼りない感じではなかったでしょうか。

皆様には本当にご理解とご協力いただき、私は1年間やってくることができました。

教師は保護者の方(児童)と二人三脚だと感じた一年でした。

本読みカードに今日はこんなことがありました。と、ご家庭でのことが書かれていると、学校でのお子様の様子を見ていくのに本当に助かりました。

本読みカードも様々で、読み方へのコメントが書かれているご家庭もあれば、上記のようにご家庭であったことを書いてくださることもあって、毎日本読みカードを見るのが楽しみでした。

私にはまだまだ経験が足りず、なかなか皆様のいい助けにはなれなかったかもしれません。

でも、保護者の方が「うちの子は最近どうですか。」とか、

「うちではこうなの。」とか

「最近こうだから、どうしたらいいかな。」と、電話やお迎えに来られた時の駐車場、懇談会、懇談会が終わった後に話していただけることが、少しでも保護者の方の役に立てるように、しいては子どもたちのためになるように、と私の仕事をする上での励みになっていました。

きっとお家では私が至らないばかりに、いろいろなことがあったと思います。

でも、皆様が一緒に頑張ろうというように、ご理解いただき、ご協力いただいたことは、皆様には感謝してもしきれません。

私は皆様のお子様と一年過ごせたことが今後の教師人生忘れることのない、いい思い出となると思います。

ご存じの通り、皆様のお子様は誰もがいい子ばかりです。これからも皆様のたくさんの愛情をかけて牧之原で育っていってほしいと思います。

本当に本当に1年間ありがとうございました。
00:57 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)
2013/03/22

桜咲く時期になりました。

Tweet ThisSend to Facebook | by:牧之原小3年担任
修業式が終わって数日経ちました。

みんなはどう春休みを過ごしているでしょうか。

私はこの数日、また明日学校行ったらみんなが朝の読書のために本を用意しながら待っていてくれるんじゃないか。と思ってしまうくらい現実味がまだなく、ふわふわしています。

この一年間は瞬く間に過ぎてしまったのではないかと思うほど、早く過ぎてしまった。というのが今の正直な気持ちです。

私はこの一年間子どもたちと過ごす上で、大切に思いながら過ごしてきたことがいくつかあります。

その中でも一番大切にしてきたことは、「子どもたちと深い部分でつながりたい。」ということでした。

だから叱る時も、ほめる時も、授業でいろんなことを学習する時も、一生懸命子どもたちにぶつかって、寄り添ってと思いながら子どもたちと生活してきました。

でも、私が思っていたより子どもたちって本当にすごいんです。

こちらが真剣に話すと「先生の言ってることわかるよ。」と言わんばかりにこちらに耳を傾け真剣な眼差しでこちらを見ているのです。

あぁ。この子たちには私の言うことが通じた。わかってくれた。そう実感することは何度もありました。

感動の一瞬です。教師という仕事ができてよかった。と心から思える瞬間でした。

3年生のみんなには、まだまだ話したいことがいっぱいあって

まだまだ一緒に給食を食べながら休みの時間はどうするとか、なめこがどうだとか、今日の給食はどうだとか、わいわいしたいです。

本当に笑いが絶えないクラスでみんなにこにこしてて

一人がぼけると、リアクションが大きい子がすっ転び、みんなでやさしい笑いが起こる。

友達が問題が解けなくて困ってたら「先生になっていいだ?」と聞いてきて「ここはね・・・」とやさしく教えあう。

一人が遊ぼうと言うと、みんながやろう、やろう!!と一緒に外で元気よく遊ぶ。(よく職員室や教室にいると外で三年生が遊んでいて話している大きい声が聞こえていました。)

朝の健康観察で「元気です。」の声が元気がないと「どうした??」と心配する子がいたり。

字を綺麗に書こうと私が言うと、意識して綺麗な字を書く子が増えたり。

3年生はやさしい子が多くて、私はこのクラスを担任することができて本当にうれしかったです。

一年間3年生に言い続けてきたこと。

「自分がやられて嫌なことは、友達も嫌なこと。だから言動は一瞬考えて。でも、もしそれでも友達を傷つけてしまったら、自分の悪いとこを認めてすぐに謝れる人になりなさい。」

私は子どもたちに今後高学年になっていろんな思いが交じり合う年頃になっても今の友達を思う優しいみんなであってほしいと思います。

私自身が子どもたちに何をしてあげられたかはわかりませんが、友達に優しく、勉強、運動、遊びを精一杯することができた子どもたちを誇らしく思います。

このまま21人の担任であり続けたい。という思いが巡り巡って、この日誌がまとまらず終わってしまいそうなので、この間、「私(坂田)かおにたに手紙を書こう」という授業を行ったときに私宛に書いてくれた子どもたちの手紙をここで書き、この日誌を締めくくりたいと思います。

でも、ちょっと長くなってしまったので別の日誌に書きますね。


00:13 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2013/03/01

紙粘土ご用意の参考にしてください

Tweet ThisSend to Facebook | by:牧之原小3年担任
今日は下書きを載せます。

子どもたちの描いた下書きは面白いものが多いです。

土日に図工用の紙粘土のご用意をどうぞよろしくお願いいたします。


   



































16:08 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2013/02/28

さちえ先生の読みきかせ

Tweet ThisSend to Facebook | by:牧之原小教務
 3年生の教室には、さちえ先生がきてくれました。ひっくり返す絵本でした。こんな絵本に出会ったことのない子どもたちはびっくりしていました。

08:26 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2013/02/22

カントリーロード

Tweet ThisSend to Facebook | by:牧之原小教務
 坂田先生と挑戦したカントリーロード、忘れないでね

18:59 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2013/02/01

手揉み体験 感想

Tweet ThisSend to Facebook | by:牧之原小3年担任

手揉みで1番楽しかったのは乾燥前のこくりです。

なぜかというと、半分にちぎってしっぽをきってこねるところが好きだからです。

2番目に、大変だったのは乾かすのです。手をあげてパラパラ、山にならないようにするのが大変でした。

なかでも一番大変だったのはこねるときです。力加減も弱くなったり強くなったりするのが大変でした。力が強いときは背伸びするくらい大変でした。

乾燥させるとき、みんなで遊びました。できあがったお茶を飲んだら苦かったです。ほかの班の「やまかい」というお茶はあまり苦くなかったです。大変だったけどやさしく教えてくれたので楽しかったです。またやりたいと思いました。

はやし さくら

いろんな子がまたやりたいと言っていました。本当にありがとうございました。
18:28 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2013/01/31

お茶の手揉み体験

Tweet ThisSend to Facebook | by:牧之原小教務

3年生は手もみ体験に行ってきました。

体験は河原﨑さん、大石さん、向笠さん、横山さんに先生になっていただきました。

子どもたちは大はしゃぎ!!

楽しみで楽しみで、朝早く起きてしまった子が何人もいたそうです。

手揉み体験は子どもたちにとって貴重な経験になりました。


凍った葉の露切りを笑顔で行うりくとさん
  るきさん、たいとくさん、さくらさんも真剣!!しょうさん、まなとさんの笑顔の奥のだいやさん、かえでさん、はやみつさんは真剣な眼差し!!!
 楽しすぎていつもよりテンションが高めだったじゅんなさんとじゅんなさんの優しいお父さん
 葉と手先に集中している班の子と向笠さん。
 河原﨑さんにも大変お世話になりました。
15:43 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
1234

学校だより・グランドデザイン・2012年度のできごとはこちら

学校の風景

リンク先

菊川市六郷まちづくり協議会
https://65mdc.org
のホームページです。
ぜひごらんください